So-net無料ブログ作成
歌舞伎 ブログトップ

今年も行ってきました [歌舞伎]

少々前の事になるが、今年もこんぴら歌舞伎観劇のために琴平を訪れた。

こんぴら歌舞伎.JPG

こんぴら歌舞伎1.JPG

昨年は市川海老蔵、そして今年は中村勘三郎と人気役者が続くこんぴら歌舞伎。

今年はラッキーにも「第一部」「第二部」共にチケットを入手できた。

僕は観たことがないのだが、最近中村勘三郎は「コクーン歌舞伎」(古典歌舞伎の演目
を近代的な表現方法で演じる)が話題になっている。(具体的には麻さんの記事を!

この度の「闇梅百物語」(傘オバケやノッペラボウ等の妖怪が登場する)という演目は
踊っているガイコツに蛍光色の様なブルーのライトを照らすという、コクーン歌舞伎を
連想させる、今までこんぴら歌舞伎では観た事がない様な演出もあった。

しかし、何を言っても今回の一番の見所は『俊寛』であった。

ストーリーは鬼界ヶ島に島流しになっていた俊寛、成経、康頼の3人に赦免船が到着
したのだが成経の嫁(千鳥)は乗船が許されない。
最終的に俊寛は自分の代わりに千鳥を船に乗せて一人が鬼界ヶ島に残るという話。

クライマックスでは仲間を乗せた赦免船を一人見送る俊寛の空しさや孤独感を勘三郎
が悲痛な表情で演じる。
そして最後に勘三郎は悟りの境地に達したような静かな表情で幕が閉じるのである。

正直、歌舞伎を観て目頭が熱くなったのは初めてである。


また、最後にサービス精神の旺盛な中村勘三郎は、歌舞伎では珍しくカーテンコール
をやったのである。

もちろん会場はスタンディングオベーションで盛り上がったのだった。

今年は「第一部」と「第二部」共に観る事が出来た為、今まで以上にこんぴら歌舞伎を
堪能することができた。

 

※中村勘三郎の奥様らしき人を発見!(会場の外にある中村家受付にて)

奥様.JPG

 

 

さて、この度の琴平の旅にはもう一つの目的があった。
それは金比羅宮の奥社に参拝することなのだ。

金比羅宮といえば、本殿までの785段の長い階段が有名である。
一般的には参拝はこの本殿で終了する人が多い。

しかし金比羅山にはこの本殿より583段先に奥社があるのである。

こんぴらMAP.gif

今年は奥社へ参拝するという目的があったのだ。

当日、琴平に着いたのが12時30分。

その日のこんぴら歌舞伎の開場は15時。

奥社への参拝時間は2時間がリミットである。

あらかじめ、ネットで奥社までの所要時間を調べたらまちまちなのである。

当たり前のことだが個人の体力の差によって全く所要時間は異なり、行きが50分という
人もいれば、のんびり2時間かかったという人もいる。

ちなみに特殊な例では年に一度、こんぴら石段マラソン(奥社までの往復)というイベント
があり優勝者のタイムは30分を切るらしい。

 

とりあえず、宿泊先の旅館に到着。

宿1.JPG


中庭が広い。

宿2.JPG

別荘タイプの部屋もあるがやはり料金が高い。

宿3.JPG


旅館の裏門から山道を通って金丸座まで行けるのだ。

裏玄関.JPG


この山道が実に気持ちいい。 

やまみち.JPG 

 

一応、宿泊先の旅館のフロントのおばはんに奥社までの所要時間を聞いてみた。

蟹道楽 : 「参拝はどの位の時間がかかります?」

おばはん: 「そうですね、本宮参拝は約1時間半ですね。」

蟹道楽 : 「奥社まで行きたいのですが?」

おばはん: 「えっ、奥社までいくのですか?たいへんですよ!」
       「まあ・・・(僕をシゲシゲ見ながら)、2時間半くらいですね~」

何だか、カチンと来てしまった。
       
おばはんは丁寧に応対していたが、口元が笑っていたのを僕は見逃さなかったのだ。
いかにも「あんたやったら、2時間半以上かかるデ~!」と言われた様に感じたのだ。

確かに僕は40代半ばでメタボに関してはイエローカードである。

しかし、ここ数年は少なからずとも定期的にスポーツジムに通っている。

「絶対に1時間30分以内で奥社参拝を実行!」

という固い決心で出発したのだった。

 

参道口から大門までの階段はお土産物や飲食店が立ち並びぶ金毘羅門前町を見ながら
階段登るせいか、急な階段も苦にならない。

参道口.JPG

しかし、この日は暑い日だった。

365段目の大門に着く頃には上着を脱ぎ、シャツも腕まくりをしていた。

それでも額から汗がひたたり落ちてくる。

この辺りから徐々にダウンする人の姿も目に付くようになってきた。

 


疲れて座り込む人の図。

疲れた.JPG

ここにも精根尽き果てて『真っ白な灰になった人』が・・・

じょ~.jpg

いやいや、これは参道にあるアンティークショップ売り物!
しかし何で金毘羅門前町にこんなお店があるのだろうか?
それにしても、このジョーが¥58,000とは!!!


また暴挙としか言えないが、ヒールの高いサンダル履きで参拝するおねえちゃん
がいたのだが、悲鳴上げながら涙目になっていた。(ナメとるとしかいえない)。

 

無事、本殿に到着!

本宮.JPG

お決まりの「幸せの黄色いお守り」を購入する。(本殿まで登らないと購入できない)

お守.JPG

 

そして、ここからが奥社への入口である。

奥社へ.JPG


奥社への道にはいると雰囲気が一転した。
本殿までの人で賑わった階段とは違ってほとんど人影はない。

奥社1.JPG


気温は下がり、まるでハイキングに来たかのような山道になるのである。
そのため、先ほどまでの暑さを感じることなく結構快適に登ることが出来るのだ。
しかし、僕は時間が気になり早足で階段を上がって来た為さすがに足にダルさを感じ
始めていた。

奥社2.JPG

奥社までの道には、ほとんど人がいない。

奥社3.JPG 

たまに奥社から降りてくる人とすれ違えば「お疲れさま!」とか「もう少しですよ!」
と声を掛けてくれ、これが実に気持ちいいのである。
「奥社に行く」という共通の目的を共有しているせいか、奥社から降りてくる人達とは
フレンドリーな気持ちになり笑顔で挨拶ができるのだ。


そして、やっと奥社に到着。

奥社4.JPG

合計1368段、標高421m。
やはり達成感に浸ってしまった。

奥社6.JPG

奥社周辺はひんやりとしていて、空気がピーンと張っていた。

改装中の奥社は小さかったが、やはり神々しさを感じる。

奥社5.JPG

 

奥社左の壁面にある2つの天狗の面。
左が鳥天狗、右が天狗だそうだ。

天狗.JPG

階段を登り始めて奥社までの所要時間は35分。

 

帰りは景色を楽しみながらのんびりと下りたのだが、本殿まで戻ると旅行会社の旗を
持ったガイドの大声、そして多くの観光客でごった返してた光景が妙に俗っぽく感じて
しまった。

のんびり帰った為、帰りの所要時間も35分。

結局、奥社参拝の所要時間は1時間10分だった。

僕もまだまだ若いやんか!!! (と、自分に言いきかせる!)

 

翌日の朝、フロントに昨日のおばはんがいた。

おばはん: 「おはようございます。参拝はいかがでしたか?」

蟹道楽 : 「奥社はやっぱり良かったです!」

おばはん: 「へぇ~、結局行かれたのですね。大変だったでしょう?」

蟹道楽 : 「結構快適でしたよ!往復1時間10分でした!」

おばはん: 「えぇっ?1時間10分???」


フロントのおばはんの驚いた表情を見て僕は再度達成感に浸ったのであった。

 

 

左が本宮で買った『幸福の黄色いお守り』、右が奥社で買った『お守り』

お守り.JPG 

 

 

参考までにこの度、食べたうどん屋。

長田IN香の香

長田 香の香.jpg

長田in香の香.jpg


釜揚げうどんで有名なお店である。
しなやかなでコシの強いうどんはさすが釜揚げ最強店である。
しかし、それ以上に感じたのがダシつゆ!
このつゆだけでも十分にご飯が食べれるだろう。

 


岸井

岸井うどん.jpg 

会社の同僚に薦められていったのだが最近、人気が出てきているお店とか。
何とビニールハウスのお店である。
そして店内は実に怪しい雰囲気なのだ。

店内メニュー.JPG

まさにビニールハウスの店内、小学生の落書きのようなメニュー。

同僚が強く推薦した、かけうどんを注文。

きしいうどん.jpg


何と!これは美味い。
ほとんど醤油の色は着いていないつゆだが、十分にダシが利いてしっかりとした味なの
である。
あまりの美味さにつゆも全部飲み干してしまったのだ。

ただし衛生面に神経質な人では・・・・・
いや、讃岐うどんのディープな一面を感じるお店だった。


nice!(15)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こんぴらさんにて [歌舞伎]

5月1日、やっと新入社員を各部門へ送り出す事が出来た。
リクルーティング、新入社員教育、人事異動等々・・・
結局、4月は会社を完全に休めたのは3日だけだった。

その内の2日を使って今年もこんぴら歌舞伎を観に行った。


 こんぴら歌舞伎大芝居.jpg 


一昨年前も海老蔵が出演のせいか?チケットが取り難かったのだが、
今年は一昨年以上にチケットをとるのに苦労した。
 
結局、我々は並場席(C席)しか取れなかったのだが・・・・
 
何と座ってみればたいへんに眺めが良好なのである!

 我席より.JPG
 
二階の下手な上場席(A席)より良いのである!
 
まあ、不満を言えば・・・・・・
 
海老蔵のあの『にらみ』がよく見えない程度である。
 

  にらみ.JPG


ご存知の通り歌舞伎は厚化粧のため、顔の原型が解り難くい。
しかし海老蔵の凄い所は一見して海老蔵と解るところである。
不思議な事にとにかく目立つのである。
『華がある』というか大物が持っているオーラを感じるのである。
 
さて、我々が観たのは 『夏祭浪花鑑』
 
海老蔵が男役と女役を同時にこなすというもの。
 
男役での海老蔵はりりしく男が見てもカッコいい。
ところが女役では海老蔵は大きすぎるのである。
他の役者よりかなり身長が高いこともあって大女に見えてしまうのだ。


しかし、やはり海老蔵の人気は凄い。
 
若いオネエチャン達はキャーキャーと黄色い声は上げないまでも、
『エビさま!エビさま!』と、ときめいた会話をしている。

また、若いねーちゃん達だけではない。
おばはん達まで『やっぱ、エビさまやな~!』と楽しそうに話し、また
『エビさまは紅梅亭に泊まってんねん!』と話をしている。
 
『追っかけのファン』なら、まだしも理解できるが、おばはんまでもが
海老蔵の泊まっている場所までチェックしているとは・・・・・
 
海老蔵も若いねーちゃんなら嬉しいだろうが、おばはんでは・・・

昨年はビア樽のようなおばはんが落下してきた事件の印象が強かったが、
今年はお年を召した方々に印象が残った。
 
『お年を召した』&『女性の方々』 といえば・・・・・
 
『近いのである!』  お手洗いが・・・・
 
観劇中、同じ列のお年を召した方々が入替り立代り頻繁にお手洗いに行くのである。
 
金丸座は何分、江戸時代のつくり。
座席や通路のスペースは一般のコンサート会場に比べてもかなり狭い。
 
そこをお年を召した方々が『えら、すんまへん!すんまへん!』と言いながら、
入れ替わり立ち代りお手洗いに行かれるのである。
 
その度に道を空ける為、観劇に対する集中力を失われるのである。
 
また、お年を召すとやはり動きもゆっくりになる。

まるで、スローモーションを見ているような動きのだ。

 
まあ、このようにのんびりした雰囲気が金丸座の”味”かもしれない。
ここでは不思議な事に”ピリピリ”した気持ちにならず、腹も立たないのである。
 
ゆったりと観劇ができる不思議な会場なのだ。


4月の最も忙しく気の張った時期、この2日間はゆったりとした一日を過ごせた。

 

 

以下、旅行記 ~
 
翌日は金毘羅様に行った。

 こんぴら3.JPG
 
まだ桜が咲いていたこの時期。
本当にきれいで気持ちの良い

 こんぴら2.JPG

 

 こんぴら1.JPG 

 

金比羅さんの参道にある地酒、金陵。
買って帰らなければバチが当たる!

 金陵.JPG

巨大な一升瓶のオブジェ! 何升入るのだろうか・・・

 酒.JPG

『巨大栗まんじゅうを発見!』って・・・
おいおい、そんなもの買うてきて誰が食うねん!

 巨大くりまんじゅう.JPG

さすが、香川!うどんの屋台もあったのだ。

 屋台のうどん屋.JPG

『うどん』と言えば、やはり讃岐うどんを食べるのが基本である!


山下うどん

 山下うどん.JPG


『恐るべき讃岐うどん』でSランクに評価されている有名店である。
ぶっかけの元祖といわれるお店。

  山下釜揚げ.JPG ぶっかけ.jpg


釜揚げとぶっかけを食べたのだが、個人的には釜揚げの方が気にいった。
しかし、恐るべき”コシの強い麺” (゚Д゚)ウマー

大将は大の阪神ファンで、阪神が勝った翌日は一段とコシが入るらしい。

 


恒例になった帰りは美しい瀬戸内の島、与島パーキングで一休み。

 与島にて.JPG

何かイベントをやっているようでかなりの人だかりが・・・

 イベント.JPG


風貌から演歌系のおっさんかと思いきや、聞いた事のある曲が・・

、何と、中西圭三ではないか!

 中西圭三ではないか.JPG

 それも思いっきり巨大化しているのだった!

 

   悪役レスラー.JPG 

衣装のせいか、まるでリング入りするプロレスラーのようだった。

  

 

 

 

楽しい旅も終わり、気が付けば夕方が近づいていた。

 与島夕方.JPG


nice!(10)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年もこんぴら歌舞伎! [歌舞伎]

 

”第二十三回 四国こんぴら歌舞伎大芝居”に行きました。


 
3月後半から4月前半、無休だったのでお休みを頂いて高松に一泊する事にした。
 
高松に着いた当日は残念ながら雨模様・・・
栗林公園に行ったが、雨のため60分コースを選択。

たいへんに整備されたきれいな公園でした。

雨さえなければじっくり2時間コースを歩くのだが、まあ次回へのお楽しみ!

 

せっかく高松に来たのだから玉藻公園(高松城跡)も見学。

だんだん雨も強く降ってきたので早々に撤退。

 

翌日、琴平へ! 

うれしいことに雨もあがりました。

一年ぶりの金丸座!

金丸座は天保6年(1835年)に建立された日本最古の芝居小屋。
国の重要文化財で、毎年春にこんぴら歌舞伎大芝居が開催されている。 
江戸時代と同じ感覚で歌舞伎を観覧する事が出来る!
 

昨年は市川海老蔵が出演していた為、若い女の子が多かった。
「エビさま~、エビさま~」と叫ぶ様子は歌舞伎を観覧するには??だった。
 
今年は人間国宝の坂田藤十郎と長男の中村翫雀、二男の中村扇雀らが出演。
ん~ん、さすがに黄色い声は無い・・・

 

会場に入るとすぐに可愛らしいお茶子さんが出迎えてくれる。

                                             

笑顔で席に案内してくれる。
親切なお茶子さん達!
靴袋を開けてくれて靴まで入れてくれる!

 

やはり金丸座は素晴しい!

 

昨年の2階席の隅だったが今年は1階席!!!

 

1階席の様子。
この一枠の中に5人入る。

  荒れてて見苦しい・・・

 

1階席の移動は写真の板(幅が15~20cm位)の上を歩いて移動をする。

開演を待っている時、事故が起きた。

僕らの隣の枠席の板を歩いていたおばはんがバランスを崩した。
重量級のおばはんはアグラをかいて座っていたおっさんの足の上に落ちたのだ。

「ぐぇ~!」
 
のんきに弁当を食っていたおっさんは声にならない悲鳴を上げた!


よほど痛いのだろう「ヒ~」と、唸りながら苦しんでいた。

 

一方、おばはんは
「オホッホッホッー、ごめんなさ~い~」

 と笑っている。

ひえ~、悲惨や~!

 

ひっくり返った弁当が悲しい出来事を物語っていた。

 

すぐにのお茶子救急隊がスプレー缶(野球でデッドボールを食らった時、使うような)
と湿布薬を持ってきて緊急治療!

素早く、慣れた対応!しかし、その見事な対応は不安を掻き立てられた。
 
こういう事故は日常茶飯事起こっているのでは?
 
今も僕も目の前の板の上をふらふらと何人ものおばはんが歩いている。
板から落ちてくる可能性は十分にある。
 

かわいいお茶子さんや若い女のコが落ちてくるのなら、

「さあ!私の胸に飛び込んでおいで!!!」

と僕は気持ちよく受け止めてあげたい!


 
しかし、あのようなおばはんが落ちてきたら・・・
ビア樽が落ちてくるようなものである!
 
そもそも、若いお茶子さんや女の子はバランス感覚もよくて落ちてくることも無いだろう!
 
落ちてくるのは”おばはんのみ!”そういう人に限ってヘビー級のなのだ!
 
くわばら、くわばら!
 
公演の間、おばはんが目の前の板の上を通るたびにいつでも逃げられるように身構えていた。
 
やはり、こんぴら歌舞伎!
歌舞伎座の大ホールで観覧とは全く違った迫力なのだ!
役者も手の届くような近くに感じられる。
またこの会場での観覧は”江戸時代の艶やかな香”を感じてしまう!
 
観たのは第一部(午前の部)の3幕
正札附根元草摺 長唄囃子連中 
芦屋道満大内鑑 葛の葉
英執着獅子 長唄囃子連 
 
人間とキツネの悲恋を描いた「芦屋道満大内鑑葛の葉」では葛の葉(狐)役の中村扇雀が、
復元された江戸時代の舞台装置「かけすじ」を使った宙乗りをした時、もう会場は興奮の
ルツボと化した!

英執着獅子 長唄囃子連 では「これが人間国宝の技!」と 坂田藤十郎を堪能した。

あっという間の3時間弱!
 
また、来年もチケットが取れますように!と願いながら金丸座を後にした。
 

さて、帰り道。
せっかく香川に来たのだからやはり「うどん」を食べるのが基本。
前回の「うどんツアー」で食べ損ねたお店へ行く事にした。

     

製麺所のため、自分で麺を温め、ダシを描けるオールセルフのお店。
ダシは"イリコ"
ダシ!
ダシの入った釜の底には、イリコがいっぱい入っている。
あっさりした汁だが、味は深い!
うどんも真っ白でさぬきうどん特有のコシがある。
シンプなかけうどん!美味しい!

大盛り(2玉)食べて腹いっぱい!
これで何と¥180也!!!

 

帰り道、瀬戸大橋の真中の余島パーキングエリアで一休み。

 

やっぱり、瀬戸内は美しい!

 

破綻した夕張がきっかけで最近、特に市町村は”存続”の為の”町おこし”が問題となっている。
ここ、琴平町は人口が一万一千人程度の小さな町である。
ここには”こんぴらさん”で有名な金刀比羅宮という財産がある。

また、この度僕の行った”金丸座”もりっぱな観光名所である。
しかし、琴平町の方々は”こんぴら”という知名度にアグラをかくことなく伝統文化を守りながらも
観光産業を盛り上げているように感じる。。
こんぴら歌舞伎のお茶子さんやスタッフの接客は申し分ない。
まさしく”お客様第一主義”を貫いた応対は本当に気持ちがいい!

「また、この町に来たい!」と思わせてくれる。

そして”こんぴら歌舞伎”のお茶子さんを含めスタッフのほとんどは地元ボランティアらしい。

四国の人のおおらかな人間性もあるが、町の人々みんな親切で”暖かさ”を感じるのだ。
 
一泊二日の四国旅行


おばはんに踏まれる事故もなく、無事に帰ってくることが出来た。

 

 瀬戸大橋走行中に一枚!

 


nice!(14)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

タイムマシーン(江戸時代へ) [歌舞伎]

こんぴら歌舞伎に行って来た。
今年のチケット争奪は大変な倍率だったようだ。
行ったのは4月23日夜の部。

千穐楽!のはずが・・・

4月6日のニュースで「今年のこんぴら歌舞伎は4月6日~4月24日までです。」
てな事を放送している。
「あほが!何、間違うた事を言うとんねん。23日が千穐楽じゃ!」と、その時は
気にはしてなかったが、公演が近づくにつれてネットでこんぴら歌舞伎を検索して
いたら確かに千穐楽が24日と書いてあるページもある。

JTBのチラシには、はっきり23日が千穐楽と書いてあるからあまり気にも止め
なかったが、こうなると気になってしょうがない。

僕は千穐楽のチケットを買ったのだから!

結局、解ったことは、24日は追加公演ということ。
あまりにも今年の公演は希望者が殺到して琴平町としては抽選にもれた人を対象に
24日の追加公演を実施したという事らしい。
何か・・・納得いかないような・・・複雑な心境。

江戸時代の人々と同条件での歌舞伎を楽しむ!
旧金毘羅大芝居は江戸時代にタイムスリップさせてくれる。
あっという間の3時間。

現実にもどった琴平の町は午後6時過ぎなのに、眠りにつく前の町だった。

全国の人を虜にするこの地方の小さな町に敬意を表したい。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
歌舞伎 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます