So-net無料ブログ作成
AIBO ブログトップ

憧れのSONY [AIBO]

SONYのAIBOが3月末で生産及び開発を中止するらしい。
初代AIBOが発売されたころからずーっと”欲しい”と思ってた。
初代AIBOは購入を考える間もなく完売!

その後もモデルチェンジする度にチェックはしていたが・・・
何か踏み切れん・・・
「高価や!」「ホンマにTVのような動きするんやろか?」
「もう少し待ったらもっとすごいニューモデルがでるのでは?」等々・・・
しかし、この記事を読んでからは「心はひとつ!」になってしまった。
”投げた石と、イッってしまった気持ちはもう戻らない。”
しかし20万円。おいそれと出せる金額ではない。
「心はひとつ」だがとりあえず一応購入までの流れを作る為、
梅田のソニースタイルへ現物を見学にいった。
「おお、何とかわいい奴!」
知ってはいたが、最新のAIBOはバッテリーが少なくなったら
自らバッテリー充電器の上に座り充電をする。
「すっげー、後ろ向きに歩きちゃんと充電器に座るやんか!」
もう感動ものだ。
”投げた石”は拾う事は不可能な海の底へと消えていった。
まっ、働いたらええこっちゃ!
私は高価な品物を買った時いつも仕事のモチベーションが上がる。
そのモチベーションはもちろん2日ほどで消えていく・・・

SONYはどのような方針でAIBOの開発中止を決定したのだろうか?
「採算性が高く、戦略的な成長が見込めるものに重きを置いている。
こうした観点から、AIBOの製造中止を決めた」らしい。
SONYは最初からAIBOで商売をするような戦略ではなかっただろう。
AIBOはSONYにとってSONYというブランドイメージの一環であろうし、
単なる家電メーカーを超えたSONYのアイデンティティーであろう。

子供の時からSONYはカッコよく輝いている最先端の企業だった。
BCLラジオ、ラジカセ、ベータビデオ、テレビ、そしてずっとVAIOを使っている。
AIBOの開発や生産が中止されるのはたいへんにショックである。
それ以上に憧れのSONYブランドが単なる家電メーカになることがショック
である。

AIBO ERS-7M3 W

AIBO ERS-7M3 W

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス

2月14日にAIBOを注文した。


2月14日は暦のうえで”大安”で”いぬ”の日だった。


AIBO ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます