So-net無料ブログ作成

縦ジマは”強い”証!? [野球]

星野ジャパンが五輪出場権を獲得した!

 

     

 

ところで“江川事件”を憶えているだろうか?
元巨人のエース、江川卓が巨人入団で起こしたドタバタ劇の事である。
この事件で読売新聞の発行部数が激減してしまったくらいに読売と江川は日本中から
大バッシングを受けたのだ。

若い人は知らないだろうし、興味の無かった人は憶えてもないだろう。

そこで簡単に説明すると・・・

江川のドラフトに関しては、大混乱の事件(空白の一日等)があったのだ。
大もめにもめた末、結局ドラフトで江川の指名権を引き当てたのが阪神だった。

どうしても巨人に行きたい江川、どうしても江川が欲しい巨人。

コミッショナーが巨人に動かされて”解決策”をとったのだ。

阪神サイドは反対したが(悪名高き小津阪神球団社長と巨人とコミッショナーの密談だろう)
江川をいったん阪神に入団させて同時に巨人にトレードを行うことになった。
そのトレードの相手は何と巨人のエースだった小林だった。

小林は文句を言うこともなく、トレードで阪神に入団した。

ダーティーな巨人の首脳陣や江川。

それとは正反対の”潔い小林”を日本中が称えたのだった!

そして“コバる”(潔い行動、態度をすること)という流行語まで出来たのだった。
(ちなみに「自分勝手に傲慢な行動をする事」を”エガワる”と言っていた。)

僕にとって“憎っくき小林”は我が阪神のメンバーとなってしまった。
阪神の選手になった瞬間、あっさりと“小林ファン”になった“節操の無い”の蟹道楽!

しかし、巨人のユニフォームを着てマウンドに立つ小林は憎々しいまでに堂々とした
ピッチャーに見えたのだが・・・

なぜか阪神の縦ジマのユニフォームを着た小林は別人のように弱々しく見えたのだ。

 

星野ジャパンが北京の切符を手にした!

”手に汗握る”というが、北京五輪予選決勝リーグは実に胃腸が痛む試合だった。
特に韓国戦ほど緊張と興奮でハラハラしながら野球をみたのは久しぶりだった。

日ごろは”憎々しい中日の岩瀬、川上そして巨人の上原”!

しかし、この試合では愛らしく感じて必死に応援していた節操の無い蟹道楽だった・・・

普段は憎々しいまでに堂々とした中日の岩瀬や巨人の上原。

ところが全日本のユニフォームを着ると不思議な事に頼りなく見えるのだ。

単純に僕が心配性だからだろうか・・・・

それとも、長年の阪神のイメージから縦ジマというデザインは頼りなく見えるのだろうか?


とにかく北京の切符を手に入れてくれた星野ジャパン!

おつかれさまでした!

 

       

 

”節操の無い”蟹道楽・・・

僕にとって中日時代の星野監督は ”たかが中日の星野” だったのだが・・・

阪神の監督になってからは ”尊敬する星野さん” になっているのだ!

 

 

星野ジャパンの皆様!

じっくり勝利の美酒を味わってください!

 


 


夢の終わり・・・ [野球]

今シーズンも終わってしまった。
 
高校野球と違いプロ野球の世界である。
 
勢いだけで優勝出来るほど甘くはない。
 
9月9日の記事・・・

 
あああ~恥ずかしい!!!

 
「お前は何年、阪神を見とんねん!!!」

 
と、自分の”おめでたさ”を再確認してしまう・・・
 

よく行くラウンジのおねえちゃんと同じなのだ。

よく解っているのだが・・・・・


「蟹ちゃ~ん。今日、忙しい?」


と夕方になると蟹道楽の携帯に電話がかかってくるのである。

 

”また、営業の電話かけてきとる! ”と思いながらも電話にでると・・・


「最近会ってないね・・・蟹ちゃんに会いたいな~」


と言われて・・・・・・

すたすたお店に行ってしまうのである。


あ~あ、「何と”おめでたい”蟹道楽」


今まで何回、いや何十回、いやいや何百回、再認識したことか・・・

 

 

3連敗した頃は”怒りのピーク”だったが4連敗目した時は笑えてきたのだ。

 
「これは11連敗、いきよるで!」

 
やはり長い間阪神ファンをしていると”正気に戻る”のも早いのだ。
 
昔からこのチームは10連勝して11連敗するチームなのだ!

 
阪神らしい!

 
今の阪神はまさしく”昔ながらのタイガース”なのだ。
 
 
 
さてさて、「監督さん!どない落とし前つけてくれるんや!!」

 

 

 

※ 皆さん、9月9日の記事では暖かいコメント、ありがとうございました。


一瞬の幸せ? [野球]

ついに首位浮上!

 

首位!!!

 

ええ響きや~!!!

 

首位!!!

 

 

 

今しか見ることの出来ないかもしれない順位表!

 

 

ささやかな幸せ!!!

つい、”六甲おろし”を歌ってしまった・・・・♪

 

しかし、今だけの幸せかもしれない・・・・・・

 

でも、一瞬の幸せをかみしめる蟹道楽です。

 

 

 

   

 

 

 

※ 追 伸

  9月10日時点の順位

 

“束の間の首位” といわれながらも”一日天下”を避ける事が出来ました!

しかし、昨日の試合も疲れました。

 

みなさま、ありがとうございました。

 


本来の姿 [野球]

愚かだった・・・

 

高校生の時、二人の女の子からほぼ同時にお付合いを申し込まれた。
正直、二人とも全く意識をしたことがない人だった。
二人の応援団からの積極的な”受入要請運動”が始まった。

それまでは常に”攻撃型”のアタック蟹道楽。
逆にアタックを受けると、どうしていいものか(防御策)が解らない。
ずるずると中途半端な状態を続けてしまった・・・

そして”モテない歴13年のアホ”は2,3日で大きな勘違いをしてしまったのだ!

”僕はもしかしてモテるんとちゃうか!”・・・おめでたい話である。

大きな勘違いで自信をもった蟹道楽。

二人にはお断りをしてその頃、意中の女子(大人気)に”アタック”をかけたのだ!

結果は・・・

当たり前の結果で蟹道楽はあっさりと撃沈された。

   

    蟹道楽、撃沈の図(イメージ)

 

蟹道楽にとって前代未聞の"祭”は、結局何も残らなかった・・・

 


 

愚かだった・・・

 

1985年、涙を流して感動した阪神タイガース優勝。
そして2003年、18年ぶりに悲願の優勝!


1985年~2003年の間、  暗黒の18年 ” 

村山監督から野村監督(現楽天)まで6人の監督が変わっていた。
成績は常にBクラス、というより最下位が多かった。
毎年、開幕から一ヵ月後にはタイガースのシーズンは終わっていた。

18年後、2003年星野監督のもと感動的な優勝をみせてくれたタイガース。

そしてここ4年間で優勝を2回もみせてくれた。

18年の間、暗黒の時代を味わったのに、たかが4年間で大きな勘違いをしてしまった!

”我がタイガースは強いチームや~!!!”・・・おめでたい話である。

子供の時から、タイガースは強くないチームだった。
勝率5割を超えたら喜んでいたしAクラスに入ったなら万々歳だったのだ!

今のタイガースは”子供の時から持ち続けたタイガースの姿”なのだ。

しかし、戦力を見るかぎりあの頃のタイガースとはレベルが違う。
戦略一つで上位を狙える戦力なのである!

そう、上位を狙う為には・・・

 

「頼む!早よ、辞めてくれ~!!!」 ・・・なのである。

   
 

 

嗚呼、あの暗黒の時代!・・・

絶対に戻りたくないものである。

正直、今期は野球の話題に触れたくも無かったのだが、先日の巨人戦3連勝で
少々、野球の話題を書きたくなった。

「やっぱタイガースも結構イケるやんか!」と感じてしまった3日間。

やはり本来の姿は ”おめでたい蟹道楽” だった・・・

 

 

1985年の優勝の瞬間!
神宮球場で大学生の蟹道楽は阪神帽子をかぶり、トラッピ(虎のハッピ)を着て
歴史的な優勝の瞬間を見ることが出来ました!

 

涙した感動の2003年、星野監督が18年ぶりに宙を舞った!

 

 


※この様な映像を貼り付けて懐かしむこと自体、弱気になっているのだ・・・

 


「BYE BYE」井川 [野球]

60億でレッドソックス行きの松坂。
まだ決定してないがメジャー行きになるだろう、阪神の井川。
そしてFAで巨人行きの決まった小笠原。

野球はチームプレーの競技である。
しかし、一人ひとりが職人であるプロ野球界においては”いかに自分の能力を
高く評価してもらえるか!”が重要になってくる。

調子がよい時は持ち上げられるが、いつクビになっても不思議はない世界!

選手は自分に高い評価をする球団を求め、球団は資金を投資して最高の戦力を
かき集めて、より強いチームを作ることは、当たり前のように感じていた。


しかし今年のFAで僕の”この考え方”を初心に戻らしてくれた選手がいた。


広島カープの黒田投手である。
黒田は3年連続2ケタ勝利で今年は1点台で最優秀防御率を獲得した投手なのだ。
今年のFAでいえば小笠原以上の目玉選手だった。


僕も 何とか黒田を我がタイガースへ! と期待していた。


我がタイガース、巨人、ソフトバンク、・・・・・・・

資金力や人気をもった球団を尻目に黒田は広島カープという地味で一番の貧乏球団に残留した。

黒田は広島カープへの”恩義”を忘れなかったのだろう。


我がタイガースの井川はメジャー行きを口にした2年前から、日本でのやる気を全く失っていた。
今年も一応、2ケタ勝利をしたが内容は燦々たるものであった。

星野さんと同じように「もう、やる気の無い井川なんかメジャーでもどこでも行ったらエエ!」
と僕や周りのタイガースファンは感じていた。


北のサムライと言われた小笠原!
北海道のファンの残留願いも関係なく あっさり巨人へ!

NHK大河ドラマの”功名が辻”の山内一豊なんか忠実な武将のようにいわれているが
形勢不利と判断して忠誠を尽くした豊臣家から徳川家へ寝返った。
そもそも武士や侍は形勢有利な方へコロコロ寝返るイソップ物語のコウモリのようなもの!

それから考えれば小笠原なんか日本のサムライそのものだろう!


松坂は西武に入団した時からメジャー志向がかなり強かったようだ。
ただし、謝金まみれの西武グループが借金返済のために人身売買をやったように感じてしまう
のは僕だけか?


結局、みんな”天狗”になってしまったのだ!

自分ひとりでここまで大きく成長したと思っているのではないか?


井川、小笠原、そして松坂!みんなドラフトで各球団に指名されて、プロ野球選手になれた。
そして各球団のコーチやチームメイト、そして何より各球団のファンのバックアップがあって
ここまでの選手に成長したのではないか!

FAやポスティングが全て悪いとは言わないし、権利を利用することは悪い事ではない。
しかしファンを中心に球団への”恩義”や”感謝”というものが感じられない。

 

以下広島カープの黒田の発言である。

「他球団のユニホームを着てカープとカープファンを相手に投げる自分の姿は想像できなかった」
「FA宣言すれば(他球団の評価を聞いて広島に)帰ってこれなくなると思った。このチームで
優勝したいし、ファンと力を合わせてプレーオフを目指したい」

この発言で僕は黒田に人としての”恩義”そして”感謝の気持ち”を感じてしまった。


残留を決めた黒田は「満員の球場で投げたい」という思いが強いらしい。

さて、いつも球場は閑古鳥の鳴いている”あきらめの早い広島ファン”の方々へ!

こんどは、ファンが黒田に答えてあげる番ですよ!

 

 残留を願うファンが寄せ書きした大型旗を手にする広島カープの黒田

 

                 ・・・・・ただし、阪神戦には、あまり頑張らないでね!


... Season of [野球]

今年のシーズンが終わった。

我がタイガースは最後の追い上げも空しく(ほんま、空しい追い上げやった・・・)2位。

中日が特別強かった訳でもないし・・・
単にタイガースが転んだだけ。

昨年のタイガースの優勝もタイガースが特別強かった訳でもなかった。
単に中日が転んだだけ。

何だかこの頃、セリーグが盛り下がってしまっている。
それを危惧してのだろう、セリーグのプレイオフの導入が決定した。

果たしてプレイオフで盛り上がるのか?

確かに決定戦では盛り上がるだろうがほんの数試合のみ!

「一年戦ってトップを取った意味が無い!」と思うのだが・・・

まあ、個人的に盛り下がっているのは他に原因がある

 

キミや!

 

岡田、キミや!

 

 

選手時代は結構好きだったのだが、・・・


ところで大非難を浴びる覚悟の発言をします。

全国の巨人ファンの方々、最初にお詫びをしておきます。 m(_ _)m ...

 

僕は歴代プロ野球選手のなかで「長嶋茂雄が一番嫌いだ!」

 

ああ、言ってしまった・・・・・石投げないで!! ( ノT□T)ノ ヒエー


ガキの頃からどうもあのエエ格好のポーズが嫌だった。

タイムリーヒットなんか打ってセカンドベース上でオーバーアクションを決める姿が大嫌いだった!

 

同じオーバーアクションでも新庄なんかは、天然で”可愛げ”があるだが・・・

 

 

 

その点、選手時代の岡田は良かった。

同じタイムリーヒットを打ってもセカンドベース上でヘラヘラ笑っている!
”こいつ、エエ奴やろな!”と思えた。

 

しかし、監督となると話が別である。

監督としては・・・
正直、”しまりが無い!”のである。

あの顔、「どこに出しても恥ずかしい」のである。

 

顔はいいとしても、タイガースの監督として恥ずかしくない威厳と”華”が欲しい!

 

例えば、この人とか!(掛布雅之)

 

また、この人とか!(真弓明信)

 

・・・のような人が監督としては華があり、また”人気”についても納得できる。

 

僕が一番、阪神の監督になってもらいたい人!

江夏 豊


 
子供の時、バッタバッタと三振の山を築く江夏は本当のヒーローだった。

江夏が投げている時、阪神が1点取ればもう勝ちゲームと確信した!

監督になれば、星野監督とは違ったスゴみをきかせ、選手はビビるやろな~

しかし、いろいろ問題あったし・・・江夏監督の実現は絶対に無理!

 

まあ、2位やし、最後の空しい追い上げもあったから岡田監督の留任は当然なのだが・・・

 

どんでんねん! ← こんな・・・・・情け無い~

サンガリアコーヒー! ← これもかなり悲惨!

 

やっぱ、岡田は・・・

 

 

ああ、2003年の星野さんは良かった!

 

 

 

まあ、一昔前の暗黒の時代を嫌になるほど経験した僕にとっては最近のタイガースの活躍ぶりは夢のような事である。

 

しかし、相手が中日というのも何だか中途半端!というか・・・悔しくないというか・・・

 

相手が”巨人”だったら燃え方が違ったりして・・・・・

 

たかが、中日やんか!

ああ、今度は名古屋の方から石が飛んできてます!!!( ノT□T)ノ ヒエ~


とりあえず中日ドラゴンズのファン及び関係者の方々!

 

 

 

 

追伸 : 以前の僕のブログで予測したとおり片岡選手が引退しました。

引退試合をサンテレビ(兵庫県全域と大阪と岡山の一部地域で受信可能!阪神の試合を放映する事で経営が成り立っている地方放送局)で観たのだが、PLで同期の中日の立浪、そして阪神の若手選手がみんな泣いた。

これは片岡の人柄を表すものだろう。

涙で阪神に入団して涙で引退した片岡・・・

将来、阪神でぜひとも指導者としてがんばってもらいたい!

 

おつかれさまでした。

 


藤井寺球場の思ひ出 [野球]

久しぶりに藤井寺に行って驚いた。

藤井寺球場が無くなっていた。

解体されるとは聞いていたが・・・・・もう、無くなっていたとは。

 

以前、藤井寺市に住んでいた時期があった。

よく行っていた定食屋はバッファローズファンの溜まり場だった。

阪神ファンの僕は近鉄ファンの多さに驚いた。

会社で藤井寺球場の年間BOXシートを持ってたので会社帰りによく寄った。

野茂のデビュー戦やオリックス時代のイチローはここで見た。

ダイエーホークスに就任したばかりの王監督を見に行った時の事。

マスコミも多くこの日、観客のほとんどのお目当ては王監督。

秋山がホームラン打った。

秋山を出迎える王監督にフラッシュが焚かれ、王監督に新聞記者は群がった。

一方、ホームランを打った秋山はまったく相手にされてなかったのが笑えた。

西武時代の清原がビタシーゴールド(滋養強壮剤)のCMに出ていた頃。

三振した清原にヤジが飛ぶ!

「キヨハラ~、お前、ビタシーを飲み足らへんのと違うか~!」

このような河内特有のヤジも楽しかった。

 

狭い市内では近鉄の選手をよく見かけた。

石井浩郎(元岡村孝子のダンナ)が散歩していた。

ブライアントが球場周辺をチャリンコで徘徊していた。

エースの阿波野(現巨人ピッチングコーチ)が、市内をHONDA NSXで乗りまわしていた。

ある日、二軍落ちしていたローテーションの中核の小野を駅前のパチンコ屋でみた。

パチンコ客から「今、球場で仲間は試合を頑張っとんねん!お前こんなとこで何やっとんじゃ!」と

怒鳴られていた。

近鉄の選手は藤井寺のなかではプロ野球選手という特別な存在では無かったように感じた。

藤井寺球場は7回の裏からは入場料が無料になるので、近所の子供やそれに同伴したおかん、

また酔っ払いのおっさんが、ドカドカ入ってきて大騒ぎをしていた。

 

藤井寺というプロ野球球団のとしては世界一ローカルな本拠地だったバッファローズ。

 

立地条件が悪い!

球場までの交通のアクセスが悪い!

 

バッファローズは藤井寺を去り、大阪の中心部の大阪ドームに本拠地を移した。

経営者は大阪の中心にあれば観客が増えると本気で考えたようだ。

藤井寺市民や近鉄沿線の多くのバッファローズファンは大阪ドームには行かなかった。

もちろん、大阪ドームは閑古鳥が鳴いていた。

 

残念ながら経営者の頭が弱かった。

球団という公共の文化的財産を近鉄の経営者は一企業の私有財産として処分した。

 

昔、僕の住んでいたマンションのベランダから藤井寺球場が良く見えた。

ナイターの時は、住宅地のド真ん中にある藤井寺球場はそこだけまぶしく光を放っていた。

藤井寺球場は甲子園と違ってゆったり、のんびりと野球観戦が出来た。

 

無くなった球場の跡地を見て色々な事を思い出してしまった。

  

 

岡本太郎がデザインした”猛牛マーク”! 格好良かった!

 

 

今は無き藤井寺球場の写真(偶然撮っていた!)

昔は毎日、この通りを球場に沿って近鉄藤井寺駅に行っていた。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます